全国の葬儀・葬式・家族葬の費用を調べたい.com

自宅で行う家族葬(自宅葬)の注意点
 一昔前までは親族や友人、隣近所の人など多くの会葬者で故人を見送る一般葬が大多数を占めていました。
 けれど、近年は故人と親しくしていた親族や友人で見送る家族葬が増加しています。そのことに伴い葬祭場を利用しない自宅葬を選ぶ人も増えてきています。故人が住み慣れた家での葬儀ですが、どのようなメリットがあり注意点があるのでしょうか。
 自宅葬を希望している人は特に、メリットも注意点も知っておくことで後悔することの無い葬儀にすることが出来ます。


もくじ
  1. 家族葬を自宅で行う事で費用負担が安くなる
  2. 葬儀業者で自宅葬の対応ができる
  3. 必ず近所や隣の部屋などに挨拶をしましょう
  4. 火葬場との距離や夏場であればドライアイス代で割高になる場合がある


家族葬を自宅で行う事で費用負担が安くなる

 家族葬は多くの葬祭場で執り行われていて、一般葬よりも費用が掛からないことが多いと言えます。
 そんな家族葬を自宅で執り行うと、更に葬儀にかかる費用負担を少なくすることが出来るということはメリットの一つです。家族葬が安価だと言っても、葬祭場などで執り行うとどんなに安くても数十万は必要になり、遺族の費用負担は軽いとは言えません。
 自宅葬では祭壇や供花も遺族に無理の無い金額のものにすることも出来ます。
 葬祭場での家族葬の料金の大部分は、施設を利用することで発生するものです。自宅葬は故人の愛着のある家で、親しかった人達に囲まれて最期のお別れが出来るだけではなく、遺族が費用の心配をする必要が無い安心の葬儀です。


葬儀業者で自宅葬の対応ができる

 故人が住み慣れた家で故人と親しかった人達でゆっくりと心行くまで別れを惜しみ、見送る葬儀を希望する人は少なく無いかもしれません。けれど自分達だけで自宅葬を行なおうと思っても、何をどうしていいのか全く分からないという状況に陥るのではないでしょうか。
 一昔前までは自宅での葬儀は珍しく無く、親族や隣近所が協力していましたが、現代ではそのような風習は廃れてしまっています。けれど葬儀業者が相談に乗ってくれますので安心です。葬儀業者は葬祭場を使用する葬儀でなければ対応してくれないと思ってしまいがちですが、自宅葬にも対応してくれる業者は存在していますので安心です。
 自宅葬に必要なものをセットにしたプランを取り扱っている葬儀業者もいますので、事前にそのような業者を調べておくと良いでしょう。


必ず近所や隣の部屋などに挨拶をしましょう

 自宅葬を執り行う時際はメリットだけではなく、注意点もあります。まず非常に重要なことが、葬儀を行う前に近所に挨拶を済ませておくことです。突然棺や霊柩車が出入りすると驚かれることが多いので、予め説明してお苦必要があります。
 棺や参列者が出入りすることで物音がすることも十分考えられますので、お騒がせするかもしれないということを伝えておくだけで周囲の心証は全く異なります。分譲マンションや賃貸マンションの場合は、隣や上下の部屋に挨拶をしておきましょう。特に賃貸マンションでは家が葬儀に難色を示すこともありますので、事前に了解を取っておくこと必要になります。葬儀は人生最後の重要な儀式ですので、気持ちよく行うためにも周囲への挨拶を徹底しましょう。


火葬場との距離や夏場であればドライアイス代で割高になる場合がある

 自宅葬のメリットは費用が負担が少ないということがありますが、場合によっては割高になることがあるということにも注意が必要です。自宅と火葬場の距離が遠ければ、遺体の保存のためにドライアイスが大量に必要になり費用がかかってしまいます。
 自宅での葬儀を執り行うことを希望する場合は、近隣に火葬場があるかどうか必ず事前に確認しましょう。更に夏場も自宅に遺体を安置するとなると保存のためにドライアイスが大量に必要になるため、費用がかさみがちです。
 費用はいくらかかっても構わないという人であれば問題ありませんが、無駄な出費を抑えたいという人は自宅と火葬場の距離や葬儀を執り行う時期に注意しましょう。遺体の保存に必要なドライアイスが、思わぬ出費に繋がるということを忘れてはいけません。
タッチすると電話がかかります。
0120-103-782