全国の葬儀・葬式・家族葬の費用を調べたい.com

家族葬・一日葬・直葬の違いは何?
 参列者は家族と親類縁者、故人の特に親しかった友人のみという家族葬は、かつての一般的な葬儀に比べて費用面をかなり抑えることが可能になっており、今や主流の形式になっています。
 家族葬の中でもお通夜を行わない一日葬や火葬のみの直葬の場合、さらに安価に済ませることが可能な上、忙しい現代社会においては時短という点でも重宝される葬儀形式となってきました。人々の葬儀への考え方が、ここ数年でさらに激変しつつあります。


もくじ
  1. そもそも一般的な葬儀や予算は?
  2. 最近人気の家族葬とは?
  3. 手軽に済ませる一日葬
  4. どうしても予算が厳しい場合の直葬とは?


そもそも一般的な葬儀や予算は?

 家族葬が一般化する以前の葬儀は近隣住民の助けを得て行われ、お通夜も告別式も自宅で執り行うケースが目立ちました。現在では葬儀形式にかかわらず斎場の利用が一般的になり、家族葬が主流になって以降は隣近所が関わることはほとんどなくなりました。
 一般参列者が多かったかつての葬儀費用の平均相場は200万円前後とされ、家族葬が主流になってからも規模によっては120万円から150万円前後かかるケースが少なくないと言われます。
 現在では90万円台にまで抑えられるようになってきたと言われますが、家族葬が大半になった現代では、一般葬はかなり贅沢な葬儀という見方をされています。一般参列者の人数によっても、トータルでかかる費用に少なからぬ幅が出てくる点も特徴です。


最近人気の家族葬とは?

 家族葬で葬儀を行う最大のメリットは一般参列者への配慮が不要なことで、遺族の心理的な負担のみならず葬儀費用が格段に抑えられる点が大きな魅力となっています。
 葬儀のコンパクト化が進むほどに多くの斎場で小規模なホールが設けられるようになり、家族葬専用の斎場も登場するほどになりました。
 家族葬の場合、一般参列者への気遣いをすることなく、遠方から訪れた親類縁者らと故人の思い出を語り合うこともできます。家族一同が静かな気持ちで故人と向き合い、最後のひとときをゆっくり過ごすことを可能にした点が、家族葬の急速な普及の最も強力な後押しになったと考えられています。
 ここ数年では家族葬を基本として、さらなるコンパクト化に拍車がかかるようにもなりました。


手軽に済ませる一日葬

 一般葬よりも規模が小さく全体的にシンプルな家族葬が、さらにコンパクトになったものが一日葬です。一日葬はその名称通り、お通夜を行わず当日の葬儀のみが行われる形式です。
 お通夜がないというだけで従来の家族葬よりもさらに安価に行うことが可能で、お通夜も行う場合の家族葬が40万円台から50万円台が多いことに比べて、一般葬は20万円台から30万円台が相場となっています。
 お通夜も行うタイプよりも割安に行えることに加え、当日のみで葬儀すべてを終えることが可能なことから、多忙な人にとってはその点こそが大きなメリットになっている形式と言えます。
 その一日葬をよりもさらなる時短を実現しているのが直葬ですが、手軽といえども式典をしっかりと行う一日葬を選ぶ人が少なくありません。


どうしても予算が厳しい場合の直葬とは?

 家族葬の中でもお通夜を省略する一日葬が選ばれやすくなっていますが、葬儀費用そのものを徹底的に抑えたい場合、直葬を選択することになります。火葬のみを行う直葬の場合、故人とのお別れをしたのち火葬炉の前で僧侶に読経してもらい、火葬となります。
 式典を一切行わないため最も安価な葬儀となりますが、シンプルな形式ながらも全体にかかる費用には10万円台から30万円台と幅があり、概ね15万円前後から20万円弱が一般的な相場とされています。
 激安を謳う広告では10万円以下というものもありますが、そういった業者では遺体安置や搬送にかかる費用がオプションになっていることが多く、支払い時には相場と同等か高額になってしまうケースもあるとされ、注意が必要です。
タッチすると電話がかかります。
0120-103-782