全国の葬儀・葬式・家族葬の費用を調べたい.com

故人の住宅の整理には遺品整理クリーンサービスがおススメ
 高齢化社会や生涯単身世帯の増加によって、遺品整理に携わる場合でも少数の関係者で処理する事例が増加しています。病院や施設などで亡くなるとは限らず、孤独死で発見されることも決し珍しい事態ではありません。このように複雑な状況を個人の力で解決するには限界があります。
 遺品整理ではリサイクルや廃棄物の分別やハウスクリーニング、それに残すものの遺品供養など様々な作業の対応に追われることになるのです。こんなときには専門業者に依頼するのが賢明で、心理的負担も少なくて済みます。


もくじ
  1. 孤独死や故人の遺品の整理は大変
  2. 遺品の供養は自分では大変
  3. 遺品整理クリーンサービスとは?
  4. 遺品整理クリーンサービスのプラン内容や申し込み方法


孤独死や故人の遺品の整理は大変

 孤独死の現場や故人の遺品の整理は大変なのは確かです。整然と片付いているとは限らず、不用品と貴重品が混在して、部屋の中がモノであふれていたりする状況も想定されるからです。しかも廃棄物処理やリサイクル分別など当たっては自治体による分別方法の違いが見られるので、正しく処分を進めることは解決の難しい問題です。
 さらに賃貸物件であれば孤独死でも発生した物件では、原状回復の為のハウスクリーニングも行う必要が出てきます。故人との生前の関係性がどの程度にしても、このような作業は肉体的にも精神的にも大変な負担を伴うものです。
 極端な場合、いわゆる「ごみ屋敷」と現場が化している可能性もあるのです。従って個人の力では解決できない事態への対処を迫られることもあります。


遺品の供養は自分では大変

 仮に廃棄物などの処分を済ませても、今度は遺品供養の問題に対処しなければなりません。もちろん供養など行わないとドライな姿勢の方もなかにはいらっしゃるでしょうが、多くのご遺族様にとって、故人ゆかりの物品を普通の廃棄物同様に取扱うことには、心理的葛藤を伴うのが普通です。
 故人を尊重する意味でも、遺品供養でお炊き上げなどを行うことになりますが、実際にどのように作業を進めるのが正しいか、まで知識を持ち合わせていないことが珍しくないのです。なかには買取などの査定に出せば思わぬ額が付く場合もあります。
 目利きの力で買取してもらうことで、遺品整理に必要な費用の一部に充当することが可能な場合もあります。無知ゆえに余計な負担につながることもありえます。


遺品整理クリーンサービスとは?

 このように大変な負担を伴う故人の遺品整理や孤独死の現場の原状回復などを、専門的に取扱っているのが「遺品整理クリーンサービス」になります。
 遺品整理クリーンサービスでは基本料金のサービスのなかには、仕分け作業費・個別供養費・養生料金・ハウスクリーニング料・車両費など想定される一連の作業をすべて含んでいるのが特徴です。ご遺族様には何かと負担の大きい遺品の分別やリサイクルなど廃棄物処分などもすべて、遺品整理クリーンサービスのスタッフにお任せすることが出来ます。
 遺品の中に市場価値の付くものが含まれていれば買取に応じてもらうことが出来、作業料金を圧縮できることもあります。スタッフは作業用インカムをつけているので、分別に迷う品が出てきても柔軟に対応することができます。


遺品整理クリーンサービスのプラン内容や申し込み方法

 遺品整理クリーンサービスで遺品整理などの作業を依頼する場合には、お電話にて御連絡ください。御連絡後に専門スタッフがお宅にうかがい、現場の状況などをヒアリングしながら詳細な打ち合わせを行います。
 見積りスタッフが現場スタッフにお客様との合意事項を申し送りしてから作業を行うので、お客様の依頼どおりの内容で対応してくれるので安心できます。
 作業に当たるスタッフが女性も含めた様々な世代がそろっているのでキメの細かい配慮の行き届いた作業に従事しています。遺品整理クリーンサービスでは、ハウスクリーニングも基本料金に含まれているので、賃貸物件での孤独死現場と言った厳しい状況の現場でも、お客様に変わって綺麗に清掃までサポートしています。
タッチすると電話がかかります。
0120-103-782