全国の葬儀・葬式・家族葬の費用を調べたい.com

◆世話役、会計係など、葬儀での主な役割を紹介

世話役とは故人に付き添い、弔問を受けなければならない喪主や遺族にかわって通夜や葬儀の進行や雑務を取り仕切ってもらうのが世話役です。
世話役の仕事は会計や受付、進行、接待などが主な役目です。
親戚や遺族の友人を世話役とすることが多いでしょう。
最低限必要な係リとその役割は以下のとおりです。
・会計係
香典の管理や現金の出納、清算、出納帳の記入等葬儀のお金に関すること全般を担当します。
お金の事ですので親族が担当するのが良いでしょう。
・受付係
通夜、葬儀の席で弔問客からの香典を預かり、氏名、住所を記帳してもらいます。
会葬礼状、返礼品を渡したり、弔電や供花、花輪の受け取り窓口にもなります。
・進行係
世話役の代表と各係と葬儀社との打ち合わせを行い、スムーズな進行を図るために連携をします。
・台所、接待係
弔問客や僧侶をもてなし、通夜振る舞いの料理の準備や手配をしてもらいます。
・世話役代表
世話役の代表は喪主や遺族の意向を世話役に伝えて各世話役を統括するまとめ役です。
葬儀社との打ち合わせにも出席し、喪主と相談しながら通夜、葬儀全般を取り仕切ります。
喪主との間柄はやはり、親戚や故人、遺族と深い親交のある人から人望があり、指導力、きめ細やかな配慮ができる方が好ましいです。
世話役の代表は遺族側となりますので、必ず喪服を着用することになります。

地域によってやり方が様々なので、葬儀社の指示だけではなく、年配者、経験者の言われるとおりに行うのが一番良いでしょう。

タッチすると電話がかかります。