全国の葬儀・葬式・家族葬の費用を調べたい.com

◆葬儀の規模を決める

葬儀の規模により内容、費用ともに変わってきます。

葬儀の大きさとは葬儀に参列する人数の事です。

身内だけといった少人数の葬儀は家族葬とか密葬と呼ばれています。

葬儀を知らせる範囲を決めることによって葬儀の規模がかわってくるのです。

家族葬・密葬は家族、近い親族、親友まで

小規模の一般葬は遠い親族、友人、近所まで

中~大規模の一般葬は仕事関係、家族の関係者

というように規模が大きくなると故人との関係が遠くなるのです。

近年多くみられる家族葬と普通の葬儀と違う点をあげてみましょう。

・一般会葬者にたいする対応の煩わしさを軽減し、家族だけで故人を送りたい。

・遺族の負担が少ない

・費用的に安く行える。

家族葬をするとは言っても家族以外の一般の人をまったく無視するわけにはいきません。

小規模であっても注意が必要です。

・近所や会社などに「家族でけ葬儀を執り行う」という旨をきちんと説明し参列を丁重に辞退します。

・家族葬、密葬とはいえこっそりと内緒で行うことはいけません。

・連絡のできなかった方々に対しての配慮も必要です。故人の意志等で家族だけで葬儀を済ませたことを報告しておきましょう。

・生前故人と関わった方々へ故人の気持ちを伝える気配りを忘れずに。

・香典や供花、供物を受け取るか辞退するかを決めます。家族葬であっても一般からの供花、供物を受け取り、祭壇にお供えすることもあります。辞退するならだれからのものでも丁重に辞退します。

タッチすると電話がかかります。